Ys思考

webマーケティングや中小企業の戦略を中心とした記事を書いていきます。

読書メモ:アンダープロコトル(猫組長)

面白かった。特に金融の実態とインサイダーギリギリの裏話などはとても興奮した。

またビジネスにおいて学べることも多くあったので覚えておきたいことをメモ

 

バカしか真面目に大学に通わない

 

増えていく貯金金額に酔わないことである。金というのは蓄えているだけでは決して増えない。蓄えることを楽しむ人と、次の投資を考えながら蓄える人では、同じ貯金金額でも意味が違う

 

小さい借金は人を殺すが、大きな借金は次の金を生む(中略)以後、私は誰かに金を借りる時は、躊躇することなく限界一杯まで借りるようにしている

 

「素人さんは怖いもの知らないのぉ。わしはそこの社長と話してからやないと、株買わんぞ」

インサイダーでなければ株なんて儲かるはずがないということだ。鳩が豆鉄砲を食ったような表情で、あっけに取られている私をよそに親分はこう言い放って笑うのだった。

「最後はそこに責任取らすからの」

この一言は本当に勉強になった。

 

私の言う「人」というのは「金」か「情報」を持ってきてくれる存在のことである。「人」を紹介してくれる「人」もちろん立派な「人脈」と言える。なぜなら新たに紹介された「人」が「金」か「情報」を提供してくれる可能性が高いからだ。経済活動において、このいずれも持ってこない存在を「人脈」とは呼ばない。

 

「人」を「脈」にするために最も重要なことは、誰が相手でもへりくだらないということだと私は考えている。

 

どんなビジネスでもそうだが、仕組みを理解することが第一で、仕組みの理解以外に応用を生み出す近道はないからだ。

 

私の選択肢に「ハイリスク」は存在しない。「リスク」はマネージ(管理)すべきもので、コントロールしうる限り「リスク」ではないからだ。準備こそがリスクをコントロールする鍵である。

 

ビジネスでの成功に必要なのは迅速な決断と行動だ。少なくとも私はそうして生きてきたし、おそらく死ぬまで変わらない。仕事で一番ムダな行為は、長時間の会議と電話。なぜなら会議も電話も迅速な決断と行動とは真逆のアクションだからである。表裏の社会を含めてかなり多くの人間と会った私だが、「会議と電話」が好きな人物で仕事ができる人間を私は見たことがない。

 

私は英語を話しているのではなく、使っているのだ。使うに当たって専門の学習を受けたことさえない。

 

リスクは人が運んでくる。

 

私は偏見を否定する人間を最も信用できない人間だと考えている。

 

通販で利用する「後払い決済」比較

通販サイトで今や代引き以上に利用されるようになった「後払い決済」。主にはコンビニ決済になりますが、昔はNP後払いがメインの企業でしたが今では多くの企業が参入しています。

後払い決済=「手数料が高い」「審査落ちの処理が面倒」

などネガティブなイメージを私は持っていましたが、現在はリアルタイム審査もありまた手数料も以前よりも大幅に安くなっているために、通販運営企業からしても無視が出来ない決済手段となっていると思います。

今回は後払い決済を比較する機会がありましたので、共有いたします。

現状、各社サイトに掲載されている手数料をまとめていました。

f:id:joz:20180405153653p:plain

表を見ていただければわかるのですが、月の決済数が少ない間はイプシロンが最安値。決済数が多くなればGMO後払いのプランD が最も得になります。

なお、各社との交渉で手数料変動はあると思いますのであくまで参考までに。

EC企業のコンテンツマーケティングの考え方

なにかと流行の「コンテンツマーケティング」だが、どうもECでの成功実例というか、納得のいく実例が今までにありませんでした。腑に落ちない主な理由としては、

  • すぐにアクセスが集まらないから
  • 労力が多い。面倒
  • アクセスがあっても売上につながらないから
  • 頑張ってもアクセスどころか上位表示されないから

といったところではないでしょうか?

しかし、とてもいい考え方を聞いてきたのでメモ

昨晩、ECのミカタさんで開催されたECサロンで、OZIE社長の柳田さんのお話でとっても納得がいったテクニクがこちら

  1. コンテンツマーケティング自体で売ろうとすることが間違い。人は調べに来ているので、そこでは何も買わない。
  2. ただ、サイトに来てくれたことで、自社を知ってもらえるきっかけになる。
  3. コンテンツページにリタゲタグをはる
  4. (デカ目の)バナーで、クリックさせる目的ではないかっこいいイメージと自社のロゴを入れて出す
  5. クリックされなければタダ!でも、やたらと目に入る。
  6. そしてブランドを覚えてもらう。
  7. 必要なときが来たら買いに来てくれる。

 

企業が勝ち続けるための8つの【差別化】。事例つき

f:id:joz:20160608091026j:plain

「で、それって差別化は何なの?」

こんな質問をされて、答えに詰まった経験はありませんか?「差別化は何なの?」他社と同じことをしていては勝てないことはみんな知っています。しかし、その差別化って何をもって差別化なのか。質問している本人もその本質を知らないことが多いと思います。

ものに大差が無くとも、競合に圧倒的に差をつける方法や考え方があります。今日はその競合と差をつける「差別化」です。

※この記事は商品やサービスの差別化といったミクロの話ではなく、ビジネスの差別化について書いております。

続きを読む

無名ベンチャーでも優秀な人材を確保できるシンプルな方法

f:id:joz:20160519204846j:plain

会社を経営している方なら、優秀な人材の確保には常に悩んでいると思います。前の会社を経営していた時の私もいつも悩んでいろいろ試行錯誤してきました。経営者同士で話をしていても「だれか良い人材がいたら紹介して欲しい」「優秀な人材がいない」「うちは大企業じゃないし、有名でもないから優秀な人材が集まらない」などとよく嘆いている現場に今でもよく遭遇します。昨日も今日も聞きました。

「優秀な人材が集まらない」と嘆く社長は、優秀な人材が社内にいないため、いつまでたっても営業の前線から離れてマネジメントをする業務に移れないので、ある一定ラインで会社の成長がピタッと止まってしまう傾向があります。

一方、青天井に売上がぐんぐん伸びている会社は非常に優秀な人材が集まってきており、その優秀な人材のリーダーシップにより新しい成果を作り上げるというプラスのスパイラルが発生しています。実際そうでしょ?

「優秀な人材がいるから伸びている会社」と「優秀な人材がいないから伸び悩んでいる会社」の採用における考え方の違いは一体何なんでしょうか。

続きを読む

【web担当者に捧げる】リピート対策するだけで、どれだけ儲かるかお見せしよう

f:id:joz:20160418000118j:plain

同じ条件下でリピーター対策の最初の要である「引上率(※)」だけを変えたシミュレーションで、タイトルにあるように「どれだけ儲かる」をお見せしましょう。通販サイトの責任者や社長は必見です。

※引上率についてはこちら:引上率の考え方と計算方法 - Ys思考

続きを読む